「ちょこすな散歩写真」です。

conv0012_2019030416082496b.jpg


藤岡亜弥さんの言葉

見えているから撮っていると思っていたけれど、

むしろ撮ったからこそ見えてくる。

山のむこう

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

ちょこすな散歩・山のむこう 15



P3010072.jpg


写真術が発明されて約200年。

もう200年と感じるか
まだ200年と感じるか・・・

絵画の歴史の長さと比べたらどちらでもいいのかもしれませんね。


P3010071u.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


ちょこすな散歩・山のむこう 14




P3010064uu.jpg


カメラの進歩の足が速すぎる気がします。








にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


ちょこすな散歩・山のむこう 13



構図を考える時、
線ではなく面(カタチ、カタマリ)で見てみてはどうでしょうか?

○△□ですね。

それも、きっちりとかいうのではなくて
画面全体の印象といった、直観的、感覚的なとらえかたでいいと思います。

○は柔らかく穏やかな感じ
△は安定であったり、動きであったりの両方の感じ
□はどっしりした感じ。

とてもおおざっぱですが・・・


P3010080.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。