「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


ゲイリー・ウィノグランドの言葉

あるのは写真だけだよ。
いちど作品が出来上がったあとには、
それを作ったアーティストは無関係だ。

                     (太陽 1989年11月号P108より)                                                                                                                     

こうようきぶんで

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

自分で写真を撮らない写真家が現れたみたいです・・・



conv0034_2019012111461363e.jpg



conv0038_201901211146119e1.jpg



conv0033_2019012111460851e.jpg


今は自分で写真を撮らない写真家って、いるんですよね?

撮影者不明とか著作権フリーの写真を使ったりしているのですが
写真家の立場はどうなるんだろなんて思ったりします。

写真を撮る人=写真家・・・
そんな時代は終わったのでしょうか?

どう、うまく写真を撮れるかではなく
どう、うまく写真を選べるか・・・

私自身は頭が混乱していて(いつもですが・笑)
勘違いをしているかもしれません。

ただ、写真を撮ること自体も難しいですが
それ以上に、撮った写真からどれを選ぶかがさらに難しいと感じているので
そういう人たちが現れるのは当然の流れかもと思っています。

写真を上手に撮れることが第一義というか最優先される時代は
もうとっくに終わっているのかもしれません。

カメラがとんでもなく進化を遂げた今、
いえ、さらに想像もつかない進化を続けるであろう今、
写真家としてのアイデンティティー(?)、存在理由みたいなものが
問われているように思います。

写真家がカメラ使用レポーターであってもいいと思いますが
それだけではちょっと物足りない気がします。

私の、退化を続けている頭では分からないのですが
写真にとって、面白い時代が始まろうとしているのかもしれません。

新しいものは混沌とした中から生まれてきますよね?
もしかすると、今の一見混乱しているように見える写真の世界の状況は、
これから写真をやろうとしている若い人たちには、ある意味、
とても素敵なプレゼントかもしれなく、なんだか非常にうらやましい限りなのです。






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


写真は写したもん勝ちのアートです。


conv0011_20190120144311629.jpg



conv0016_201901201443294d7.jpg





フレーミングに迷ったら、そのシーンの撮影を諦めないで
ともかく思いつくだけのカットを撮っておいたほうがいいと思います。

現場で完璧なフレーミングを目指さなくても
家に帰ってからエアコンの利いた快適な部屋で一服しながら
モニターを見てゆっくり検討すればいいのです。

迷うのは気になる何かがあるわけですが
その時それが何か分からなくても、ともかくはシャッターは切れますよね?

縦位置か横位置か迷って1カットしか撮れない場合は
横位置で広い目に撮っておいて、あとでトリミングという手もあります。

今は、高画素が当たり前ですよね?
「えっ?これノートリミングだよ。完璧なフレーミングでしょ?」ととぼけても、
たぶん、バレないのではと思います。
最近はみんな、目が肥えているので保証は出来ませんが・・・(笑)

ともかく、写真は写したもん勝ちのアートです。
何が勝ちかはよく分かりませんが・・・

まあ、写さないことには始まらないアートだとは言えると思います。





にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


ちょこすな散歩・こうようきぶんで 27



今日は日差しが心もち強くなってきたように感じました。
まだ冬の出口ははるか先ですが・・・


conv0013_20190119163350d1d.jpg



conv0030_20190119163402434.jpg



conv0032_20190119163402015.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。