写真は決め手というものがない表現手段だと思います・1 - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


桑原甲子雄(きねお)さんの言葉

写真をとるというのはなんと無償の行為なのだろう。・・・ わたしのばあい
テーマモチーフストーリーなにもないのだ。

                     (日本カメラ 2014年1月号 P171より)

ぐらり

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真は決め手というものがない表現手段だと思います・1


conv0016_2018082111305117d.jpg



conv0019_20180821113054350.jpg


写真というアートは撮影時にしろ、選択時にしろ
これといった決め手というものがない表現手段だと思います。
他のアートのことはよく分かりませんが   
写真の場合は特にそう感じるアートに思えます。

絶対、このように撮らなければいけないという基準みたいなものが
ハッキリしないというか、人によって違ってくるんですね。

撮影後の選択時にも同じことが言えます。
考えようによっては撮影よりも、どのカットを選ぶかとても迷います。
年がら年中、迷いの中でもがいて、
悪戦苦闘しているのが写真家のような気がします。

人前では涼しい顔をしていて、
そのようなそぶりは見せない写真家がホンモノなのかもしれません。
ガンバっているところを見せたくないのだと思います。
ニセモノ写真家の私はそうなんだろうなと想像するだけですが。(笑)

写真の場合は
写真評論家とか写真批評家といった人たちが
それぞれの美意識とか美的センスとかに基づいて評価しますが
同じ作品が、好評、不評、異論など、
評価がまちまちのこともよくある気がします。

だからフォトコンテストを合同で選ぶことはとても少なく
ほとんどの場合、ひとりの先生が行っているのでしょうね。

続きます。


conv0017_20180821113138143.jpg



conv0016_2018082111314127c.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント