写真の用語って難しすぎる? - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


ゲイリー・ウィノグランドの言葉

あるのは写真だけだよ。
いちど作品が出来上がったあとには、
それを作ったアーティストは無関係だ。

                     (太陽 1989年11月号P108より)                                                                                                                     

こうようきぶんで

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真の用語って難しすぎる?


conv0007_20181009120203f66.jpg


写真に限らないのかもしれませんが
特に写真はその専門用語がいかめしいような気がします。
それが初心者にはカメラの操作を難しく感じさせる
大きな原因の一つになっていると思うのです。

やたら数字や外国語やカタカナが出てくるからですね。
嫌理系の私なんかは「数字は苦手・・・」なんて気が引けていました。

でも

コワそうな人が付き合ってみるとじつはとても優しかったリします。
写真用語も、最初から完全に理解しなければと思い込まないで
中途半端な理解のままでも、実際の撮影を続けているうちに
「あっ、このことなんだ!」と分かってくることがよくあります。

写真は簡単だとは思いませんが
写真の本当の(というのも変ですが)難しさは
用語以外のところにあると思います。

写真用語の見た目の(?)難しさが
写真って難しいと思わせているとしたら、ちょっと残念な気がします。

もちろん、基本的な用語の理解はあったほうがいいです。
自分の居場所がしっかりするからです。

そして、そこからどの方角に行きたいかは自分で決めればいいし、
その方向に進んで行くための知識は、
歩きながらそのつどマスターして行っても遅くないと思います。

重装備=難しくて、たくさんの知識が必要な写真のジャンルもありますが
写真する人、みんながみんなそこまで勉強しなくてもいいのではないでしょうか。

私なんか、ほとんど荷物のない軽装備で写真を楽しんでいます。
もちろん、私の場合は知らなさすぎることが多いので
見習わないほうがいいのかもしれませんが・・・(苦笑)

でも、今はこれでいいと思っています。
写真がとても面白いのです。
進歩のない私ですが。






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント