ある写真のブログで「白ツブレ」という言い方を見つけて思ったこと - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0012_2019030416082496b.jpg


藤岡亜弥さんの言葉

見えているから撮っていると思っていたけれど、

むしろ撮ったからこそ見えてくる。

山のむこう

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

ある写真のブログで「白ツブレ」という言い方を見つけて思ったこと


ある写真のブログを見ていたら
記事の中で「白ツブレ」と書かれていました。

ん?


conv0018_201810181344320e6.jpg


そのブログの人は画面の真っ白な(あるいは白っぽすぎる)部分を見て
白く「ツブレている」と感じたのかもしれません。

感じ方には正解はないのですから
人それぞれの感じ方を言葉に替えればいいと思っています。

でも、写真用語として一般的に通用しているのは「黒ツブレ」なので
白の場合は、「白トビ」のほうがややこしくならなくていいです。

感じ方の違いは言葉ではなく
写真で表現するほうがいいのではないでしょうか?

その人の単なる勘違いの可能性もあるのですが・・・





にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント