写真が難しいのは立体を平面として見ることに慣れていないことも理由の一つ - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


桑原甲子雄(きねお)さんの言葉

写真をとるというのはなんと無償の行為なのだろう。・・・ わたしのばあい
テーマモチーフストーリーなにもないのだ。

                     (日本カメラ 2014年1月号 P171より)

ぐらり

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真が難しいのは立体を平面として見ることに慣れていないことも理由の一つ


写真が難しいのは
立体を平面として見ることに慣れていないことにもあると思います。

写真を撮ることは
今の時代、小さいころから当たり前に行っているので
「写真なんてチョー簡単!」と思う人も多いのではないでしょうか?

フィルムカメラの時代ですら、他のアートから
「写真なんてカメラが撮ってくれるんだからいいよね」なんて思われていました。

「写真なんて、ラ~ラ~ラ~♬」だったのです。

でも、自分でやってみれば気付きますよね?
写真が単純だけど簡単ではないアートであることを。
simpleをeasyと受け取り勘違いされているところがあるアートが写真なんですね。

話が別方向に行きましたが写真集を見ることをよく推奨されるのは
写真を平面として意識的に見る練習(?訓練?)になるからだと思います。

写真の上手な人、いい写真が撮れる人は目の前の立体である光景というか被写体を
無意識に平面に置き換えて見えているように思われます。

だから、そういう人たちは写真は見たままに撮れないのは当たり前であることを
受け入れることが出来ているのだと思います。
逆に言うと、だからこそいい写真が撮れるのでしょうね。

繰り返しになりますが
立体を平面としてとらえることが、いい写真を撮るために必須のことだとすると
そのためには、写真集を見ることはとても役立つ気がします。

見るのに制約(モニターの大きさ、縦横、表示方法、要電力など)の多いネットではなく
紙の写真集(あるいは写真展などのプリント)のほうがベターだと思います。


conv0013_2018102011092030b.jpg



conv0012_201810201109199c0.jpg



conv0011_20181020110918909.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント