写真家と「断捨離」の微妙な関係・不要なものを捨てるということ - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


桑原甲子雄(きねお)さんの言葉

写真をとるというのはなんと無償の行為なのだろう。・・・ わたしのばあい
テーマモチーフストーリーなにもないのだ。

                     (日本カメラ 2014年1月号 P171より)

ぐらり

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真家と「断捨離」の微妙な関係・不要なものを捨てるということ



conv0007_20181023140516b09.jpg



conv0013_20181023140511380.jpg



「断捨離」と言われていることを完璧にやりとげたとしても
捨てることが出来ないものが一つあるとしたら
それは、自分は「断捨離」をしたのだという思いではないでしょうか?

「断捨離」について詳しい内容については知らないので、
違っているかもしれませんが。

写真について言えば、不要なものを画面から切り捨てましょうと
写真の撮り方の本によく書かれているのを見ます。

「なるほどそうだな」と思うのですが、だからと言って
不要なものを捨ててばかりでは写真は面白くならない気もします。

そもそも、写真には不要だと単純に言い切れるものはなくて
正確にはその写真家にとって不要と思うものですよね?

すべてのものはそこにあるべくしてあるのですから。

画面を整理してスッキリさせることだけが写真の撮り方だとしたら
あとは同じことを繰り返すだけのように思えます。

部屋のインテリアの本に書かれたとおりに日本中の人がやったら
どの町のどの人の部屋も同じようになってつまりません。

写真の場合、仮に画面から
不要なものを完璧に取り除いた作品があったとしても
「自分は完璧な写真を撮ったのだ。やったぜ!」という
写真家自身の思いは完璧に残っているのではないでしょうか。

そして、

その思いはいい写真を撮る上でいちばん不要なものの気もします。
そうだとすると写真家にとっての「断捨離」は
ものすごい苦行なのかもしれませんね。(苦笑)


conv0008_2018102314051952f.jpg





にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント