写真と言葉・思いを伝えるために考えてみたいこと - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0001_201811071612052ce.jpg


ゲイリー・ウィノグランドの言葉

あるのは写真だけだよ。
いちど作品が出来上がったあとには、
それを作ったアーティストは無関係だ。

                     (太陽 1989年11月号P108より)                                                                                                                     

こうようきぶんで

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真と言葉・思いを伝えるために考えてみたいこと



写真だけで思いを伝えるのはとても難しいです。
どうしても言葉のお世話になるしかありません。
タイトル、キャプション、コメント・・・などですね。
写真家は写真を撮っていればいいというのは、少し違うように思います。

自分は撮影の時、被写体をどう見てシャッターを切ったのか、
撮影カットの中から選ぶ時、どう見てこのカットにしたのか、
それを言葉を添えて伝えるのが写真家のすることだと思うのです。

そのようにして、写真、作品と言ってもいいと思いますが、
それを発表した後は、見る人の評価、感想に委ねればいいと思いますし
そうするしか写真家には出来ないのではないでしょうか?

言葉には「指示機能(?)」みたいなものがあるので
そのものズバリのタイトル(必ずしもダメではないのですが)などは
見る人の見方を制限しようとしやすいので気を付けたいです。

改めて言うのもなんですが、言葉って難しいです。
日常生活でも誤解、曲解というのはよくありますよね?

写真もタイトルの付け方によっては、作品の印象がガラリと変わることは
写真をやっている人は体験済みではないでしょうか。

写真はひとり立ち出来ない、言葉に助けてもらわないと成り立たないという
弱点、弱み(?)を抱えたアートだと思います。

それと、写真は映像言語だと言えるのですが
話がややこしくなるし、私自身よく分からないので(苦笑)
ここではパスしたいと思います。

ただ、写真を考える時、言葉との付き合い方をどうするかは
写真する人にとって、とても大切なことだと思います。
なぜなら、繰り返しになりますが
思いを伝えるには言葉を無視できない、軽く扱えないからです。

私のように理屈っぽくなりましょうということではなくて(笑)
言葉のことも考えたほうが、写真をより楽しめるのではないでしょうか。


conv0010_20181109113736a25.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント