写真も真似するところから始まるという、それは大切なことだけど - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0012_2019030416082496b.jpg


藤岡亜弥さんの言葉

見えているから撮っていると思っていたけれど、

むしろ撮ったからこそ見えてくる。

山のむこう

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真も真似するところから始まるという、それは大切なことだけど



conv0012_20181217120034940.jpg


写真に限らないと思うのですが
写真も好きな写真家の、
あるいはあこがれ、目標とする写真家のマネをすることから始まると思います。

何をするにもゼロからは始めることは出来ないのですから
誰かが指し示す何かを足掛かりにするしかありません。

写真というアートはカメラという機械にとても依存します。
そのぶん、マネしやすいように錯覚しがちな気がします。
見た目はよく似たように撮ることは可能だからです。

でも実際にやってみると気が付くんですよね。
マネしたつもりが、その写真家の作品とは似ても似つかないことに。

ただ、それで落ち込むのではなく
自分の写真と、その写真家の作品がどう違うかを考えることに
マネをすることの意味というか意義があると思うのです。

マネしようと意思すること、
マネしたものの明らかに違うのはなぜかを考えること・・・
それが大切だと思います。

繰り返しになりますが
写真はカメラという機械にとても依存するアートなので
自分の好きな、目標とする写真家が使っている機材、
つまりカメラやレンズのことに強い関心が行きます。

自分の好きな写真家と同じカメラを持つとウキウキして
写欲が湧いて、頑張ってマネしようとすることはいいことだと思います。

ただ、

その時、錯覚が生まれるのではないでしょうか?
「同じカメラやレンズを使えば
自分も頑張ればこの写真家のような作品を撮れるようになれるのでは」と。

でも、そうじゃないんですよね。

機材に関心を寄せるのはいいことだと思うのですが
大切なのは「なぜこの写真家はこの機材を使うのか?」ということで
高画質とかフルサイズとかミラーレスとかいうのは結果なんですね。

「こういう表現をしたいから、それに適するこのカメラを使っている」
ということだと思います。
高画質とか、フルサイズ、一眼とかは
直接には写真表現とは関係ないのではないでしょうか?

なぜなら、今、手元にあるカメラがスマホカメラやコンデジなら
その機材で自分はどんな写真表現をしたいか、できるかを考え
作品化することは誰でも可能だからです。

ある作品が評価されるとすれば
その写真がどんなカメラで撮ったかかではなく
その写真が見る人を引き付ける力がある、いい写真だからではないでしょうか。

マネするのは機材ではなく、
写真家の写真に対する考え方、関わり方だということは忘れたくないです。


conv0008_20181217120026d9a.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント