写真家が自分の作品の前で気を付けたいこと - 「ちょこすな散歩写真」です。

conv0014_20190418113608f39.jpg


ゲイリー・ウィノグランドの言葉

私にとって写真の特性とは、わずかばかりの現実性
たとえそれがどんなにささいなものであれ、
フィルム上にとらえることなのだ。
そのあとに、もしその現実性が私以外のだれかにとって
何らかの意味を持つことがあればそれはそれでいい

咲いた。咲いた。桜の花が。

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

写真家が自分の作品の前で気を付けたいこと




conv0006_2019013111420659a.jpg



conv0007_201901311142099c4.jpg


自分の写真(作品)の前に写真家がデンと立ってしまうと
写真を見てくれる人の邪魔になると思う。

自分の写真(作品)の前で写真家がメガホンを持って大声で叫んでは
写真を見てくれる人にはうるさすぎると思う。

自分の写真(作品)の前で写真家がボソボソとしゃべり続けていては
写真を見てくれる人にはうっとうしいと思う。


写真を見てくれる人は写真家を見に来ているのではなく
写真を見に来てくれているのだから。

写真を見てくれる人は写真家の話を聞きに来ているのではなく
写真から直接語りかけてほしくて来ているのだから。


conv0001_201901311141477cc.jpg






にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント