写真・最終的に評価されるのは・・・ - スナップ・風景・まち・・・そして写真。

conv0004_20190716104452fa1.jpg


藤岡亜弥さんの言葉

見えているから撮っていると思っていたけれど、

むしろ撮ったからこそ見えてくる。

沈黙の季節

せかいはあまりにもさわがしすぎて なにもきこえないなにもみえない
だからいまおしゃべりをやめるとき ちんもくのきせつ

写真・最終的に評価されるのは・・・



conv0007_201902111700038c3.jpg


写真に限らないと思うのですが
最終的に評価されるのはその作品そのものであり
撮影やレタッチの苦労話や
それらに掛けられた時間ではないと思います。

プロやベテランに技術力や機材力があるのは
当たり前といえば当たり前ですから
それらは黒子のような存在として目立たないほうがいいと思います。

どのような作品であるかが大切で
どのようにして撮られたか、あるいはどのようにレタッチしたかは
エピソードみたいなものではないでしょうか?

初対面の人に会う時、
その人についての必要最小限の情報以外は
余計な先入観を生み、その人のことを見誤らせるのではないでしょうか?

作品に必要なのは
写真に付けられたタイトルやキャプションであって
その他のものは、時には雑音になると思います。






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント