ちょこすな散歩190510・天の王さまと新しい世界 5 - スナップ・風景・まち・・・そして写真。

conv0006_20191010232312a12.jpg


清野賀子さんの言葉

写真の意味があるとすれば、

「通路」みたいなものを作ることができたときだ。

街はもっと美しい

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

ちょこすな散歩190510・天の王さまと新しい世界 5




conv0007_201906051252376f9.jpg



conv0004_20190605125109469.jpg



conv0003_20190605125108aaa.jpg



写真家を孫悟空とすると
画像ソフトは如意棒、筋斗雲ですが
お釈迦様は写真の神様というより、被写体のことではないでしょうか。

このように例えるのが的確かどうかは分かりませんが
写真家は被写体を超えることは出来ないと思います。

かと言って被写体至上主義というのでしょうか
被写体崇拝みたいになるのもちょっと違うようで・・・
微妙に難しく、悩ましいのが写真というアートだと思います。





にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント