日本カメラ8月号特集「写真がよく見える トリミングの奥義」はごった煮でした。2 - スナップ・風景・まち・・・そして写真。

conv0006_20191010232312a12.jpg


清野賀子さんの言葉

写真の意味があるとすれば、

「通路」みたいなものを作ることができたときだ。

街はもっと美しい

どれか写真をクリックすると「アルバム」のページが開きます。<>で次の写真が見れます。写真をクリックすると大きくなり、もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

日本カメラ8月号特集「写真がよく見える トリミングの奥義」はごった煮でした。2



conv0028_20190726135358081.jpg



conv0033_20190726135359da5.jpg



conv0027_201907261353376fc.jpg


写真評論家(写真批評家?)の上野修さんの「名作写真とトリミング」で
フィルムカメラ時代の「ノートリ神話」について書かれています。

「神話」というのは「確かな根拠もなしに、みんながそうだと信じている、
思い込んでいること」みたいな意味ですよね。

「ノートリ」というのは「ノートリミング」のことですが「ノートリミング」って
神話だったのでしょうか?

上野さんは「写真家=ノートリ=作品」という考え方(つまり神話?)が広まっていったのは
60~70年代で、その典型が「コンポラ写真」ではないかと書かれています。

なつかしいですね、「コンポラ写真」。
私もその影響をバリバリに受けた気がしているのですが
どこがと聞かれるとそんな気がするとしか答えられないあやふやなところがあります。
いつものことながら中途半端なんですね。(苦笑)

その「コンポラ写真」というのを簡単に言うと、正確ではないかもしれませんが
「横位置・広角中心・モノクロ・日常風景」の写真のことだったと思います。

「コンポラ」とは「コンテンポラリー」、日本語訳で「同時代(性)の」みたいな意味でしたが
分かったようでよく分からない言葉でした。

「同時代の」流行りの写真ということなら、どんな時代にも
流行スタイルみたいなものはあったわけですから。

代表者みたいな写真家はいないし、取りあげるとするとたくさんいて
グループとしてひとつにまとめることも出来ないと思います。

ただ無理やりまとめると先ほど書いた
「横位置・広角中心・モノクロ・日常風景」の写真のことになってしまうんですね。

でも、このような写真、作品は「コンポラ写真」の前にもあったのではないでしょうか?
写真というメディアは必然的に「いま」「ここ」の同時代でしかありえないのです。

結局、カメラ雑誌などの写真マスコミが作り出した
流行語みたいなものだったような気がします。

続きは次回に。






にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村へ

↑↑写真のブログランキングに参加しています。                      クリックは記事更新の励みになり、とてもうれしいです。


コメント
非公開コメント